2009-02-03

昼的小笑事

CIMG0026.JPG

昼ご飯は穫れたて水菜冬菜ネギたっぷり蕎麦トッピング納豆卵天かす、
をつくって『いただきます』。
という事でテレビをつけると、見た事ある顔が・・・。

おー、元編集者のS君じゃない! なんで鉄削ってんの?ミリ単位で?NHKで?生放送で?

一瞬事態が読めなかったけど、そう言えば風の噂で編集者を辞めて
自転車のフレームを作る仕事をしていると聞いていました。

で、『ふるさと一番』って番組で東京下町の自転車屋さんが
取材対象でS君はそこで自転車作ってるって訳だ。

なるほど・・・。

『良い笑顔してますね〜』なんてアナウンサーに言われて照れていたS君。
いや〜良かった、良かった。
慣れない編集仕事をこなしていた時よりノビノビしてましたよ♪

君の居場所は確実にそちら側ですよ!



CIMG0167.JPG



2009-02-02

野菜のお味

買った野菜と育てた野菜、もちろん味が違うんですが
際立った違いを見せるのは人参ですね。

CIMG0089.JPG

包丁で切っていると人参独特の香りが台所中に。
味噌汁の中でも強烈に主張してきます。
おいおい朝鮮人参か?こりゃ。

韓国の朝鮮人参畑に行った事があるけど、泥棒が多いらしく
どの畑にも番犬がいてワンワン!吠えられたっけ。
町中が朝鮮人参の香りで、絶品サムゲタンを500円くらいで食べた記憶が。

朝鮮人参はウコギ科で収穫まで5〜6年かかるんだそう。
いわゆる人参はセリ科で別な種類だそう。

フムフム、勉強になりました。






2009-02-01

セージ

今年頂いた賀状の中に、ハーブの種が付属された
洒落たものがありました。

CIMG0144.JPG

下の丸の中に種が3粒入ってます。
はがきの横にちょうどぴったりサイズでくっついていました。

『世界中に種を蒔きましょう!』のメッセージ。

乗りましょうその話。つー事で蒔いてみました。

CIMG0145.JPG



CIMG0147.JPG

経過はまた!



2009-01-31

柴田敏雄展

何年かぶりに恵比寿の写真美術館へ。
お目当てはランドスケープ柴田敏雄展。

CIMG0041.JPG

これだけの点数が日本で一挙に展示されるのは初めてだそうです。
写真が堂々と写真として成立している数少ない作家の一人です。必見。

会場で、普段お世話になっている編集者のSさんとばったり。

CIMG0059.JPG

写真好きのSさん、ちゃんとチェックしてますね〜。



2009-01-30

食料自給率

ヤフーのトピックスにこんな記事


まあお遊び記事ですが良いですね。

イケてる農業。

若者よ、書を捨てて畑に出よう!

書なんてとっくに捨ててます。修司さん。




2009-01-29

キャベツの行方

CIMG0020.JPG

キャベツの収穫後、普段なら根こそぎ穫ってしまうんですが
根っこをそのままにしておいたら、やはり芽が出てきました。


CIMG0019.JPG

生きています。堂々たるもんです。


CIMG0025.JPG

あっぱれキャベツ。食べられるんでしょうか、これ??



2009-01-28

無題

CIMG0016.JPG

代々木公園歩道橋、吸い込まれそうな夕暮れ。


CIMG0017.JPG

SEIYU駐車場、吸い込まれそうな満月。





2009-01-27

基本が大事

今日はちゃんこ屋さん。


CIMG0011.JPG

鶏団子がおっ!と思わせる美味さ。
決め手は下味がしっかり付いている所。

相撲も四股が大事ですもんね。

CIMG0013.JPG

ごっつぁんです!

2009-01-26

みかん

畑には偉大なる師匠がいます。Fさん。

同じ農園で一緒に野菜を作っている方で20年のキャリア。
いろいろな酵母菌を生かした堆肥づくりや、ボカシの作り方なんか
を研究実践していて『歩く現代農業』みたいな人。
野菜の糖度をダウジングで言い当て?たりして、
ちょっとユニークで面白いおじさんです。
野菜作りのポイントなんか全部Fさんに教わったくらいです。
彼の畑の出来はというと、もう芸術の域に入るくらい美しい、しかも美味しいんですね。

そのFさん曰く、『みかんの皮、捨てちゃだめだよ。採っといて畑に蒔けば
アブラムシとか病気に効くから』


CIMG0005.JPG

という事で乾燥させて保存してます。
春夏野菜の植え付けで試してみましょう。


CIMG0008.JPG

みかんの中身はみんなで食べてます。



2009-01-25

ガガーリン


CIMG0015.JPG

今日はスコーン!と抜ける様な青い空。

地球は青かった。

ガガーリンのこの言葉、ちょっと調べてみると原文では

地球は優しく光る淡い水色だった。

となるそうです。

続けてこんな事も(引用)

地平線の様子は、独特なものでとても美しい。明るく光る地球の表面から、暗黒の空への境目は比べようもないほど美しい。暗黒の空間には星のまたたきが見える。この境目は、とても薄いもので、地球の球体を囲む膜の帯のようだった。地球の色は、優しく光る淡い水色で、暗黒空間へとつづく境目は、とてもなめらかな曲線で美しい。言葉では伝えにくい。地球の影からでたとき、地平線はまた違ったようにみえた。地平線には、明るくオレンジ色にひかる帯があり、その色は、再び、淡い水色に、そして濃厚な黒色に変わった

うーん・・・見てみたい・・・。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ