2009-09-09

パパイア救出作戦 2009

去年このブログを始めた最初のお題が『パパイア救出作戦』でした。

今年も畑への植え付けが送れてしまい、十分に成長する前に夏が終わりそうです。


090907_1440~01.JPG

去年と同じパターン。人間は過ちを繰り返す。
パパイアは霜にあたると枯れてしまいます。

せめて寒くなる前に植え替えしてあげれば
ちゃんと根付いて冬越しできるんじゃない?


090907_1449~01.JPG

去年より2ヶ月ほど早めの植え替えです。



 それなのに ああそれなのに それなのに


090909_0815~02.JPG



嗚呼、何故人間は同じ過ちを繰り返すのか?




2009-09-08

本当に日が短くなってきましたね。




090906_1735~01.JPG



090907_1747~02.JPG




2009-09-07

仏陀な一日

@不忍池。

この時期は花の盛りも終わってます。しかも午後。

090906_1549~01.JPG

しかし何の、葉の美しい事。

090906_1549~02.JPG

 西日浴び この葉脈に 暫し佇む



@百花園

午前中早い時間から賑わっています。

090905_1421~01.JPG

 酔い覚まし 散策菩提樹 実を発見

この実の上に付いている羽は葉ではなく
より遠くに実を飛ばす為の役目の物だそうです。
風に乗ってパラグライダーよろしくヒラヒラと実が舞うのでしょう。

誰が設計したんでしょう?
神は人知を超える。
人間は謙虚に生きるべし。


『それよりその七五調,全然余韻とか無いんですけど?』

『それが良いんです。』





2009-09-06

水焼

東京下町といえばもんじゃ焼き。
街のあちらこちらにもんじゃ焼き屋があります。

こちらのお店では『水焼』と呼ぶそうです。

『んじゃ水焼きに餅&明太入れて。あと生ね!』

カキンコキンに冷えたジョッキでお疲れさん!

090905_2001~01.JPG

『何に疲れたの?人生ですか?』

『まぁ、イイじゃね〜か。それより食べましょう。』
 
『そうしましょう。』


090905_1924~01.JPG

濃いめのタレで炒めた牛ひき肉が全体の味をグッと引き上げてくれます。

美味也。

店内にはCAROLや若かりしAちゃんのレコードが飾ってあります。

気前のイイ大将の頭は?
もちろん!一糸乱れぬリーゼント♪

ジョニー大倉も来店したらしく記念写真もデカデカと飾ってあります。

ん〜・・イイ店だ。



090905_1943~01.JPG

ごちそうさま!



090905_2037~01.JPG

まいど!ど〜もね!





2009-09-05

ニラの花

秋の訪れとともに咲き始めるニラの花。


090901_1450~01.JPG

あのクセのある個性的な野菜がこんな清楚な花を咲かすんですね。
なんだかホッとします。

ニラで脳裏に浮かんでくるのは『ニラ玉』。
ニラ玉で脳裏に浮かんでくるのは学生時代@兜町。

時はバブル絶頂期、兜町のスナックはイケイケ証券マンで
連日のお祭り騒ぎでした。
平均株価3万円の時代。

そこの厨房でバイトしてたんですが、ニラ玉はまぁぼちぼちと出ていたメニューで
100回以上は作った事でしょう。

二十歳そこそこのバイトが作った塩、コショウ、だけのニラ玉つまみに
カラオケを絶叫している大人を連日みながら

『あ〜・・こーゆー人間にはなりたくないな〜・・』

と悩める若き青年は思ったのであります。







2009-09-04

無題


090901_1503~01.JPG
090901_1820~01.JPG
090903_1941~01.JPG





2009-09-03

polaroid


SN3J0030-pola.jpg

『いつもと写真の感じが違いますね。』

『良く気がつきましたね。
 ポラロイド社がポラロイドなんかもう売れないからやめます〜。
 って言ったら、ポラロイドのあの色調が無くなるなんて〜・・、
 という声が意外と多かったらしく、じゃあデジタルの世界で再現しましょう。
 って作ったソフトを見つけたので遊んでみました。』

090625_1328~02-pola.jpg

『フリーソフトで簡単に使えますよ。ポラロイドのアイコンに写真をドラッグ&ドロップ
 するとガシャ、ジーコッ、なんて懐かしい音までします。』

『へ〜』

『良かったら使ってみてね。』

ポラロイド

英語の苦手な人はここみてください。



090825_1648~01-pola.jpg




2009-09-02

sense of wonder

090708_1440~01.JPG

『?』



090901_1501~01.JPG

『??』


090818_1158~01.JPG

『???』



引用 by 松岡正剛


 センス・オブ・ワンダーとは、レイチェル自身の言葉によると
「神秘さや不思議さに目を見はる感性」のことをいう。
 この感性は、これもレイチェルの説明によると、
やがて大人になると決まって到来する倦怠と幻滅、
あるいは自然の源泉からの乖離や繰り返しにすぎない人工的快感に対する、
つねに変わらぬ解毒剤になってくれるものである。
 そのセンス・オブ・ワンダーをもつことを、レイチェルはどうしても子供たちに、
また子供たちをもつ親たちに知らせたかった。
なぜなら『沈黙の春』執筆中に癌の宣告をうけたレイチェルは、
自分の時間がなくなってしまう前に、なんとしても自分が生涯を賭けて感じた
「かけがえのないもの」を次世代にのこしておきたかったからだった。
その「かけがえのないもの」がセンス・オブ・ワンダーだったのである。







2009-09-01

白菜の種蒔き 2

白菜と一緒にこの時期に蒔く野菜はあるのかな?
と、seed box を見てみると色々出てきます。


090828_1358~01.JPG

去年一昨年、あたりの余り種。
一応種にも保証発芽期限、みたいなものが有り、
品種によってまちまちですが1年〜3年くらいです。

しかしこれ、人間が勝手に決めたもので
あまり当てにならない様です。
2000年前の遺跡から発掘された種が発芽したりしてますもんね。
種は偉大なり。

という事で

『元気に出ておいで!』

と数種類の種蒔き完了。


翌日ベランダをふと見ると、なんと!その上を鳩が2羽ノソノソと歩いています。

『お〜〜〜〜い・・、頼むからそこはやめて・・。
 君たち平和の象徴だよね。仲良くやりましょうよ。
 もしかして蒔いた種食べてた??』


と案じて2日後。

090901_0801~02.JPG

先頭バッターが顔を出しました♪
とりあえず安堵。

鳩が蹴散らしたところからも芽が出てます。


090901_0802~03.JPG


Wonderful!



これにはユリゲラーもびっくりでしょうね。




090831_2216~01.JPG







2009-08-31

白菜の種蒔き

野菜の中でも白菜はデリケートです。

種を蒔く時期もこの1週間前後とピンポイント。
それより早いと上手く育たない、
遅くなると結球しない、巻いても大きく育たなかったりするそうです。

とはいえ畑は夏野菜がまだ元気だし・・。
ということでこれ

090828_1346~01.JPG

育苗ポットに蒔きましょう。
ここで2週間ほど苗を育てます。
その間に畑の準備をするという段取り。

去年畑の土を使って育てたんですが苗にネコブ病ができてしまいました。

師匠のFさん曰く

『あ〜,その苗植えても駄目だね。
 俺の苗あげるからそれは諦めたほうが良いな。
 畑の土には良い菌も悪い菌もいろいろいるんだよ。
 白菜はその影響を受けやすいんだ。苗を育てるなら
 市販されてる無菌状態の土でやったほうが確実だよ。
 人間と一緒、赤ん坊がいきなり娑婆にでてきたら
 風邪引いちゃうでしょ?』

その師匠にもらった苗は去年完璧な白菜に育ちました。
ということで言われた通り買った土を使いましょう。


つづく





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ