2010-01-23

ディジュリドゥ奏者への長い道程

都内某所、あるマンションの一室、13時のアポイント。



100119_1344~01.JPG

『いらっしゃい』

『すみません、突然にディジュリドゥを吹きたくなって訪ねてきました。』

『吹いたことあります?』

『ありません・・。』

『・・結構高いものですよ。5万位からですね、お勧めできるのは。』

『・・・・・・』

100119_1342~02.JPG



そんなあなたにピッタシ!

と勧められて買ったのがこれ。

100123_0910~01.JPG

塩ビのディジュリドゥもどき、2800円。
お店の人に吹いてもらったけどちゃんと鳴ります。

とりあえずこれで練習してある程度吹ける様になったら
気に入ったものを買いにきなさい、との事。


帰って早速この水道管相手に練習です。

なかなか音出ないじゃん?

『ぼーーーーー』

おー、出た出た。

次は倍音の出し方ね

『ビーーーーー』

おー、一瞬出た出た。



100123_0911~01.JPG



  続く予定は未定。







2010-01-22

無題


100114_1329~01.JPG



100120_2330~01.JPG



100112_1347~01.JPG







2010-01-19

植物オタク

100118_2259~01.JPG

おや、珍しい。

ハカラメが花を咲かせそうです。



が、マジマジ見るに




100118_2300~02.JPG


100118_2300~01.JPG

このシンメトリカルな造形美・・・。

やられてしまいます・・。



100年程前のドイツにも相当やられちゃった人がいました。

植物学者、教師、そして写真家という彼は
植物の造形美に魅せられて35年もの間
植物の接写写真のみを撮り続けたそうです。

41050901022956-2-thumb-730x472-12470.jpg



学者としてのクールな視点で撮影された膨大な写真群。
時代を超越して観る者を虜にしてしまいます。


たかが100年、されど100年・・。

ケータイ電磁波カメラの時代になっても、やっぱり植物にやられます・・。




「植物は単なるつまらない機能主義に決して陥らず、論理と適合性に一致し、
 その原始の力で最高の芸術的な形を達成する。」

                       by カール ブロスフェルト



DVC00006.jpg

おー!かっこいい!




2010-01-18

この時期は 甘酒やってる 百花園


100115_1129~01.JPG

霜が降り



100115_1144~01.JPG

バナナの木も冬眠中。



100115_1148~01.JPG

七草籠も叩き売り



ですが





100115_1130~02.JPG

梅のつぼみも膨らんで





100115_1141~01.JPG

春の足音も聞こえ始めています。








2010-01-17

蜜柑酵母大爆発


ボン!

と辺りに飛び散る蜜柑。



100113_1924~01.JPG

蜜柑を絞ってジュースにしたその残りかすを
瓶に積めておいたもの。

食してみると口の中で炭酸が暴れだします。
ん〜美味也。

これ半年くらい置いておくと、程よい酸味が加わって
極上のドレッシングになりそうな予感・・。








2010-01-16

ボロ市

ちょっと寄り道、世田谷ボロ市へ。

100115_1650~01.JPG

ガラクタ売りが通りを埋め尽くしています。
かれこれ400年以上の歴史がある蚤の市。




そうそう、思い出した。

20年前、初めてカメラを買ってみた。のがこのボロ市。

3000円の古いcanon。
それまでフィルムを詰めた事も無かったんだけど・・。

100115_1617~02.JPG


ほどなく壊れてしまい捨ててしまったけれど
このカメラを買った事が「写真への旅」の始まりだったと言えなくもない。


歴史というものは何十年か経過して全体像を振り返らないと真実は見えてこない。


人の世も似た様なもんだね、20年前此処で「カチッ」と脳内スイッチが入り
人生行路の羅針盤が傾いたって訳ですね・・。

おお、此処が我が人生のターニングポイント??


100115_1628~01.JPG

星の数ほどあるガラクタの中からボロカメラと出会ってしまい、
写真という狐穴に迷い込む若人は今年もいるのだろうか?


浮き世は恐ろしいところでR。



100115_1637~01.JPG








2010-01-15

阿佐ヶ谷散歩

100110_1325~01.JPG


100110_1328~01.JPG


100110_1342~01.JPG



都合10年余り住んだ町。
今でも愛着がありますね。









2010-01-14

cosmic sunrise


キーンと張りつめた空気の中、
今日も太陽は東の空から昇ります。

100114_0741~02.JPG

寒さで結露した窓越しから


100114_0736~01.JPG



凝視していると


100114_0740~01.JPG


徐々に宇宙が立ち上ってきます。



100114_0740~02.JPG




変幻自在、宇宙は無限なり。






2010-01-13

寒い夜


1. 寒い。

2. 冷蔵庫に水菜が溢れている。


んじゃハリハリ鍋ね。

   出汁とって 豚バラ入れて 水菜入れ 



100112_1921~01.JPG

さーいただきますか♪

と冷蔵庫を開けると

オーマイガッ!

ビールを冷やし忘れてた・・。

暫し呆然、その間にも水菜のシャキシャキ感は徐々に失われて・・。

ぬー・・常温とはいえ極寒の夜、飲めない温度じゃなかろうに。



100112_1923~02.JPG

ぬるいビールを頂きます。ぐびぐび。

とたんに中国の情景が浮かんできました。

かの国では体を冷やさない為にビールは常温で飲むのが普通だそうです。

『イーペイ ピージョウ ハオマ!』 だとぬるいビールが出てくるので

『イーペイ ビンダ ピージョウ ハオマ!』

冷たい=ビンダ を必ず入れましょう。


   温ビール 嗚呼懐かしき 上海ノ夜







2010-01-11

東京電波塔

ただいま250メートル。
まだ半分未満。


生活圏内で毎日の様に視界に飛び込んでくる様になりました。

散歩してても

091224_1432~01.JPG

コンニチハ。


運転してても

100107_1214~01.JPG

コンニチハ。




気がつくと大きくなっているのは

100111_1219~02.JPG

我が家の菌床シイタケ君と同じなんだけど








091212_1637~01.JPG

ワクワクしないのは何故・・??






1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ