2010-06-15

Lunch time

お昼ご飯を食べに、最寄りの中華屋さんまで250メートル。

わずか徒歩2分程の間にも

100530_1318~01.JPG

様々な物達が語りかけてきます。


100526_1240~01.JPG

詩人はそれを歌に詠み、唄者はそれを旋律の上に並べます。


100526_1308~01.JPG

わたくしはそれをケータイ電話に記憶させます。


100526_1240~02.JPG



   アートはいつもそこにある。フレームにおさめたいと思うところにならどこにでも。
   気にもとめずに通り過ぎさえしなければ。
                             by Dennis Hopper      






2010-06-14

縄文土器

週末は小さな写真展開催中の為,藤野町で過ごしています。

このアートヴィレッジの参謀の一人、kuwaさんと
藤野にアトリエを構えるイラストレーターのマッチャンが
何かについて熱く語っています。


100613_1528~01.JPG

「何それ?化石?」

「縄文土器。藤野では結構出るんだよ。4500年程前、縄文中期ですね。」

「おぉ・・。」


マッチャンの拾い集めた土器の破片でした。
相当ハマっているご様子です。


そうか・・太古からこの辺りに人間の営みがあったんですね。


100613_1539~01.JPG

移住者の多く住む藤野町、なんかこの辺良い所だね、住んでみようかな、
という感覚は太古も今も変わらないのでしょう。


「ひとつ持って帰りませんか?」

「いいんですか?」


100613_2152~02.JPG

美術館などのガラス越しで観るのと、直に触れてみるのとでは
全く違う感覚が立ち上がってきます。
素晴らしきかな、触覚。

帰ってこの土器をスリスリしながら呑んでいると
4000年の時空を超えた脳内旅行が楽しめます。

こりゃイイね♪


「今度土器の出る所案内しますよ。」


「是非お願いします。」










2010-06-12

ロックは死んだ!

なんてつぶやきを最近聞きましたが


100609_1608~01.JPG

平日昼間のCDショップは閑古鳥が鳴いています。

レゲエコーナーも全く活気が失せてます。

ブルースコーナーも新しい波が生まれる訳でなし
往年のブルースマンはどんどんあの世へ行き・・。

そんな流れはソウルコーナーも同じな訳で
ダニーハザウェイのCD5枚で2500円なんて
まとめ売りで仕掛けたりしてますが・・。

ラップ、ヒップホップなんてのも徐々に商品価値が
無くなってきているのか、いまいち元気無いですね。


渋谷HMVも閉店だそうです。


NO MUSIC NO LIFE  

だよね?



100606_1858~01.JPG




2010-06-11

緑の夢は 夜 盗む

10日ぶりにキャベツに会いに行くと


100608_1626~01.JPG

・・先を越されていました。


1枚1枚めくっていくと
居るわ居るわのヨトウムシ。


100608_1626~02.JPG

夜,盗,虫と書いてヨトウムシ。

読んで字の如く、昼間は葉裏や土の中で寝ています。
夜になると猛然と葉を食べまくります。
白菜の苗なんか一晩で姿が消えてしまう程食欲旺盛なんです。


100608_1632~01.JPG

人に見つかると丸まって寝たふりです。

「オラ知らね」

って感じが少し可愛いんですが

指で圧してやると緑色の体液が飛び散ります。

そりゃー、これだけ食べれば緑色になるよねー。




合掌。













2010-06-10

あらら、1枚じゃ収まんないね。

100609_1759~01.JPG
100609_1758~01.JPG


100609_1348~01.JPG



2010-06-08

無題

100512_1336~01.JPG
100517_0514~01.JPG
100527_1432~01.JPG
100607_1653~01.JPG
100607_1857~01.JPG


『美味しい?』


『美味しいね。』




2010-06-07

Ten years after

梅をたくさん頂きました。

ので
100604_0644~01.JPG

ホワイトリカー4升、ブランデー1升で漬け込みます。

10年程我慢して、極上の琥珀色を楽しみましょう♪


その頃酒の飲めない体になっていたり・・しないように
日々精進してゆこう,と言うのが本日の誓い。


それよりこの3次元世界が続いている事が大前提ですね。









2010-06-04

小さな写真展

6月といえば、ホタルの舞う季節。

6月の毎週土日に写真展を開催します。

相模湖の先、藤野という町。
山に囲まれた自然の中での展示です。

ウグイスの鳴き声をBGMに、写真を1枚1枚丁寧に設置しました。
5畳程の狭いコンテナですが、気持ちの良い空間が出来ました。


100601_1708~01.JPG

隣接するレストランには大きい写真を展示してます。


ここでシチューを食べてまどろんで。

100601_1730~01.JPG


近くの温泉に浸かってまどろんで。

なんてコースは最高です。


8x10サイズのプリントもホタル期間限定、里山価格♪で販売してます。


この辺りは自然のGood Vibrationに満ち溢れています。


是非お出かけ下さい。




深沢次郎 写真展「In the Darkness」 @ふじのアート・ヴィレッジ

神奈川県相模原市緑区牧野5570(旧藤野町)

6月土日 11:00〜17:00









2010-06-03

アザミ

100528_1031~01.JPG
100528_1031~02.JPG
100528_1031~03.JPG
100528_1031~04.JPG
100528_1032~02.JPG





2010-06-01

遅めのお田植え

山梨県、標高750メートルの山間の村で
「棚田オーナー制度」なるものに参加です。

棚田の1枚を借りてオーナーになります。

100523_0937~01.JPG


田植えから刈り取りまでの作業を
地元の方の指導のもとに年数回行います。

日常の手入れは地元の方々におまかせ。
穫れたお米は全て頂けるそうです。140平米ったら1年分はありますね。


田舎の休耕田の有効活用&自然に飢えた都会の人々
という需要と供給のもとに成り立っています。


初めての田植え、でしたが暫く続けるに

『なんかやった事あるな〜』
体のDNAが憶えているんでしょう。


農耕民族の血が騒ぐ雨の中の3時間。

100523_1027~01.JPG

『この辺は水が美味いから米も美味いよ。』



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ