2010-07-04

無題


100605_0722~01.JPG

100628_1344~03.JPG

100531_1631~01.JPG





2010-07-02

年寄りの生き甲斐


100630_1659~01.JPG

夏野菜の横綱、トマトも穫れ始めました。

雨が続くこの時期、トマトも水分をとりすぎて割れてしまいがちです。

100630_1659~02.JPG

もともと南米のアンデス高原が原産地。
湿気の多い日本では乾燥ぎみでちょうど良い感じなんです。
水分控えめにすると糖度も上がります。

という事で畑の御老人達,トマトの雨よけ、今年は気合い入ってます。
一人がやりだすと連鎖反応を起こすみたいです。
あちこちにシェルターが立ち並んでます。



100525_1336~01.JPG

そこまでするか?


100525_1335~01.JPG

あんたそれ出荷すんのか♪



微笑ましくも汗ばむ初夏の畑




2010-07-01

逆上り


100630_1611~01.JPG


100630_1909~01.JPG

100630_1912~01.JPG






2010-06-29

血潮

100626_1155~01.JPG

「綺麗ですね。何ですか?」

「ケータイカメラのレンズに指先をくっつけてみて。」

「あー・・脈に合わせて赤いグラデーションが動いてますね。」


 「シャッター押してごらん。」


100626_1156~01.JPG




「生きてますねー。」








2010-06-28

再会

春はすぐそこ、まだ寒い季節、雨の国道6号線。

前を走るワゴン車に落書き?


100423_1735~01.JPG

いやいや,サインですね。

誰? おーAYUね。

車のボディーじゃ雨風ですぐに消えそうだね。

なんて思いながらシャッター押した記憶がありました。

が、

季節廻って暑い時期。

青山の駐車場で見覚えのある落書き。

記憶の残像からジワジワと蘇ってきました。

100527_1134~01.JPG

おぉ・・あの時の・・4ヶ月ぶりだね・・ 消えてないね。

良かったね♪







2010-06-25

無題


100624_1851~01.JPG

100622_1522~01.JPG

100615_2154~01.JPG




2010-06-23

Cosmic Blue

藤野アートビレッジ、写真展の店番の合間をぬって藍染め体験です。

織物マイスター、ブライアンはカナダ人

100620_1144~02.JPG

藤野にアトリエを構え、蚕と共に生活をし,その餌である桑から育て、絹を紡ぎ、
藍染めの藍から柿渋まで、なんでも自分で作っています。

日本人より日本人。なんて言われますが,彼曰く

「産業革命以前は世界中で営まれていた事。これは人間の文化。」

That's right. I think so too.


「で、どんな感じにしたい?」

「かっこ良く。」

「・・・OK。」


Tシャツをチャーシューの如く紐で結わえていきます。

100620_1153~01.JPG

藍瓶の中に浸す事7回、ずっしりと深い宇宙色が無地のTシャツに転写されました。

美しい階調はモノクロ写真にも通じますね。
ブライアンは以前水墨画をやっていたそうです。

100620_1530~01.JPG


「どう?」

「かっこ良いですね。有り難う。」

「藍は愛ね。」


Open Mindな彼の回りには常に人が集まってきます。


100620_1614~01.JPG




2010-06-22

夏模様

100618_1340~01.JPG

夏野菜、今年もぼちぼち穫れ始めています。


ベテランKさんのキュウリは既に2メートルを超えています。
さすが♪

100618_1334~01.JPG

毎日10〜15本の収穫があるそうです。
キュウリは1日に数センチも育つので,うかうかしていられません。

3日で40本・・1週間で100本・・・・。

Kさん、何人家族??

「毎日大変よー」


100618_1335~01.JPG


キュウリ、ナスとの消費合戦が始まります。




2010-06-21

日本vsオランダ@藤野町

藤野の夜、晩ご飯食べてやる事も無いので
サッカーでも観るか、ってんでテレビを付けると
山間故,ざらざらです。


100619_2203~01.JPG

デジタルだアナログだ、ノイズだらけの薄型テレビ。

アレブレボケ、ワイン片手に森山大道スタイルのサッカー観戦。
目はショボショボですが,脳味噌では次第に粒子が心地よくなってきています。

ハーフタイムには次世代テレビ3D!、なんてCMが流れます。


100619_2117~01.JPG

そもそも手を使っちゃだめよ、という大前提のもと
国を挙げてのお祭り騒ぎ。


最近の画像処理ソフトにはデジタルカメラで撮影した写真に
フィルムのざらざらした粒状性を加える機能まで付いていたりします。

何がなんだか,混沌としてきます・・。



100612_1923~02.JPG





2010-06-18

パワースポット考

100616_1820~01.JPG

熊本で 馬肉を食べて 仕事して 弊立神宮 参ります。


ただならぬ気配のする神社・・。

長い間、隠れ宮として存在していたようです。

世界、宇宙に関する記述もあり、
天地・万物の大調和を祈っている有難い神社です。


しかし、神氣漂う神社には必ずといっていいほど巨木がありますね。


100617_1431~02.JPG


巨木が育つほど良い氣の漂う環境を古代の人は感じ取り
そこを祈りの場所にした。

のか

神社とする事によって人間が手を加えない環境が保たれた結果巨木が育つ。

のか。

100617_1410~01.JPG

鶏が先か卵が先か・・。


巨木の根っこは地球の奥底にある秘密と絡み合っているのでしょう。


ちなみに中央構造線という日本を貫く活断層

01.jpg

の上には伊勢神宮、諏訪大社、鹿島神宮、高野山などなど数多くの
主要な神社、パワスポが存在しますが、弊立神宮も当然、その線上に存在してます。


不思議な事って色々あります。





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ