2010-08-08

無題


100806_1336~01.JPG

100807_1726~01.JPG

100807_1932~01.JPG




2010-08-06

明治通りの赤い提灯

午前中は畑作業で滝の様な汗を流す。

午後はジムで走ったりなんだかんだでまた滝の汗。

あー、デトックス。


と帰り道、赤い警告灯が話しかけてきました。

100805_1758~01.JPG

『おい、そのまま家に帰ると熱中症になるぞ。』


『は?』


『ちゃんとここで水分補給していかないと危険だぞ。』


『マジですか?』


100805_1801~01.JPG


んー・・こりゃ多摩蘭坂




人?の忠告は聞いておくものでR。



100804_1833~01.JPG




2010-08-04

夏の百花園

100803_1030~01.JPG
100803_1041~02.JPG
100803_1038~01.JPG
100803_1045~01.JPG
100803_1037~02.JPG
100803_1212~01.JPG


なるほど、家の周りに蝉が多いわけだ。





2010-08-03

tomatoな夕べ

畑からトマトを持ち帰りすぐに下準備。

何日か前の大雨の影響で、半分以上の実に亀裂が生じています。

地球に例えるとオゾンホールに穴が空いた様なもの?

薄皮1枚でトマトという完全なる球体のバランスを保っていたものが
皮が破れる事によってその繊細に保たれていたバランスが崩れてきます。

収穫された後なので、枝から発信される「バランス回復補助波動」も届きません。


『何が言いたいの?』

『そーゆー状態のトマトは腐りやすいのですぐにトマトソースにしましょう。』

ひとつひとつ亀裂の部分を取り除き、鍋に放り込んで煮詰めていきます。


100802_1725~01.JPG

トマト酵母も仕込みます。

保存瓶の煮沸消毒用に大鍋に湯を沸かします。

ついでに穫ってきたモロヘイヤも茹でてしまいましょう。

鍋3個に火をかけていると一気に気温50度まで上昇気流。

窓の外ではアブラゼミの大合唱。

頭がクラクラ日記で時空がねじれてしまうのかと思いました。




100802_1719~01.JPG





2010-08-02

無題


100731_0628~01.JPG

100730_1414~01.JPG

100731_2043~01.JPG






2010-07-31

鎮魂花

100731_0617~01.JPG

いつものジョギングコースも今日は朝から賑やかです。


  ヤレ急げ 夜明けとともに 陣地取り


100731_0616~01.JPG

江戸時代、疫病による死者の弔いとして始まった隅田川花火大会。

その後の震災、戦災など数々の塩辛い記憶をこの川は水に流してきています。

今宵2万発の鎮魂花が咲き乱れます。

弔いに100万人。



100731_0618~02.JPG

おー、ここからの景色は最高でしょう。


合掌。





2010-07-30

夏野菜暴走中

ただいま読みかけ中


100730_0835~01.JPG

内容紹介引用

もしかして、わたし、植物に働かされてる?!
農業、食糧、エネルギー、環境問題…。
その昔から、人間は長く植物を「利用」してきたと思っている。
でも、実はその逆だったとしたら…
植物の目から読み替えると見えてきた、人間の歴史の意外な真実。





100726_1403~01.JPG

果実が甘いのは動物に食べてもらう為。
そうやって鳥や動物達の胃袋に収まった種が
海を越え山を越えてと拡散していきます。

なるほど、これ植物から見れば人間も同じ役割の動物なんですね。

100726_1405~01.JPG

植物の思惑通りに今日も畑で汗を流します。


100726_1505~01.JPG




2010-07-29

宇治山田通信


100728_0900~01.JPG

100710_1649~02.JPG

100728_1345~02.JPG

100728_1738~01.JPG

100728_1834~01.JPG





2010-07-26

夏休み 2

「しかし心残りは今このテーブルの上に岩魚の塩焼きが乗っかってねえ事だな。」

「まぁ時期もちと遅かったしな。」

「2日も渓流を歩き回ったのによ。」


100723_1256~01.JPG

「いいか兄弟、天然の岩魚釣りってのは釣りん中でも上の上。
 ポッと出の東京もんが成果あげようってのはお天道様が許してくんねぇ。
 免許取り立ての素人さんがフェラーリ乗れるか?」

「でも釣れない釣りほど面白くないもんは無ぇな。」

「・・・・・」

「・・・・・」

100723_1257~01.JPG

「まぁ,この骨酒でも呑みねぇ。お前さんが来るってぇから
 2日程前に釣って仕込んでおいたやつだ。」

「ん〜、美味いね♪岩魚のエキスが肝臓に染み渡る・・」

「ほうか?」

「うん。」

「そりゃ良いな。」

          了



100723_1917~01.JPG



2010-07-25

夏休み

トーキョーは暑すぎる、ってんで
長野の山で暮らすTくんのところへコロコロと転がり込みます。

「おう,兄弟!暫く世話ンなるぜ」

「まぁ、ゆっくりしてきな。」

昼間は畑で遊んだり、木の実を採りに山に入ります。

木陰でのうたた寝は天国に居る気分。Forest Healing・・。

100723_1331~01.JPG

標高900メートル。夜になるとグッと気温が下がります。


100722_2046~01.JPG

真夏のこの時期に焚火にあたりながら、穫れた野菜を肴に小宴。

「しかし兄弟,最高じゃねぇか。
 お前さんいつもこんな贅沢な暮しをしてんのかい?」

「まぁこんなところだい。しかし金は無ぇ。」

「へ?」

「金は無ぇ。」

「うん、これで金が有ったら罰が当たるってもんでぇ!」


100723_1905~01.JPG


つづく




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59

Tags

Archives


powered by チカッパ!ブログ